• <スポンサードリンク>


ベンツGLAの安全性能を知り、レクサスNXと比較してみる

ベンツGLAの安全性能

輸入車じゃなくとも安全第一

若かりし頃のスピード感はもういらない。そんなことよりも今は安全性が最優先であり、その中でもワタシ的には

自分から事故を起こさない、衝突は絶対しない

ことが一番大切である気がしています。

これからの人生を考えると、衝突防止装置に代表される安全性能や運転アシスト機能はできるだけついている方がありがたいんです。

とにかく安全に関するオプションは全て付けたいのだけど、ベンツGLAの安全性能はどうなっているのでしょう?

ベンツGLAの安全テクノロジー

メルセデス・ベンツは環境性もさることながら、最近は安全面にも力を入れている感じがします。

1.CPAプラス(緊急ブレーキ性能)

いわゆる追突事故回避ブレーキシステム。
時速7km以上で走行中に前走車に近づくと警告灯が点灯し、2.6秒以内に衝突する可能性がある場合には警告音が発せられると同時に自動的にブレーキアシストを行ってくれる。
運転中にドライバーが警告に反応しない場合は、自動緊急ブレーキが作動し衝突の回避をしてくれるというシステムが全車標準装備になっている。
これはレクサスNXとも同じような安全ブレーキ性能なので、どちらもグッジョブ!。

2.ディストロニック・プラス
レーダーで先行車を認識し、速度に応じて車間距離を適切にキープしてくれるシステム。
高速道路のみならず減速が必要な場合はスロットルとブレーキを自動制御して減速してくれる。
また、先行車が停止した場合は自車も停止するまで減速してくれるという優れた機能。
時速0kmから200kmの範囲で作動するというのだからスゴイ。

これもほぼレクサスNX同様で、どちらもグッジョブ!

3.ブラインドスポットアシスト
時速30kmで走行中にリアバンパーに内蔵されたレーダーシステムで、クルマの死角に入っている後方車両をモニタリング。
ドアミラーのインジケーターが点滅によって警告してくれ、ドライバーが気付かずにウインカーを作動させると警告音を発してくれるというナイスなシステム。
時速30km以上が対象だが、レクサスNXは警告音を発しないのでややGLAの方が優位。

4.レーンキーピングアシスト
時速60km以上の走行中にクルマが車線から外れるとカメラが検知し、ステアリングを微振動させてドライバーに注意喚起する機能。
レクサスNXは自動的に車線に戻してくれるが、そうではないのが残念か。

5.パーキングアシストリアビューカメラ
ギアをリバースに入れると連動し、車両後方の映像をディスプレイに表示してくれる、いわゆるバックモニター。
レクサスNXのように近づいてくる車両を感知して警告してくれるシステムではないため、こちらはレクサスNXがグッジョブ!

6.アクティブパーキング・アシスト
縦列駐車や並列駐車の際に駐車スペースを自動で検出し、自動操舵機能でスペースに入れてくれるという優れた機能。
バック駐車がニガテな人に超便利な、ハンドル操作がいらないアシスト機能。
これはレクサスNXにもない機能なのでウルトラグッジョブ!

以上の7つの安全テクノロジーがベンツGLAには搭載可能です。

ベンツGLAの安全性能まとめ

つまりベンツGLAの安全性能とレクサスNXの安全性能を比較するとほぼ互角

安全性はどちらも車両の全方位に及んでいる

衝突防止装置についても性能の違いはあれど、どちらも同じ考え方で装備されています。唯一違いを見出すとすれば、

GLAにはレクサスNXにないアクティブパーキング・アシスト機能がある

という点くらい。

ただしそれ以外はほぼ同じような安全性能なので、どちらも安心して運転できるクルマであることにはマチガイない。

けど、ほとんどがオプションなんですけどね。

  • スポンサードリンク

    <スポンサードリンク>