車両保険は重要!水害・洪水・冠水などの天災から愛車を守る方法とは?


レクベン

ここ数年、台風・大雨・地震などの天災が、昔以上に大型で頻繁に発生するようになってきていますよね?

そんな自然災害から愛車を100%守るのって、けっこう大変です。

車庫に入れておくから大丈夫...

と思っていると、走行中にヒョウやアラレに当たったりとか。

突然水没しちゃったとか。

今までは考えられなかったような天災が、いつわたしやあなたの身にふりかかるかわかりません。

そこでここでは、水害・洪水・冠水などの天災から愛車を守る車両保険のことについてまとめました。

この記事はこんな方におすすめ!

  • 愛車の車両保険をかけるべきかどうか迷っている方
  • 今の自動車保険が高いと思っている方
  • 車両保険付きの自動車保険をおトクに契約したい方

高級車を守るのに最低限必要なのは…

suigai01
レクサスにしろ、ベンツにしろ、高級車のオーナーになったら、自動車の任意保険には絶対に入りますよね?

だってめっちゃ高級車ですからね、レクサスもベンツも。

そして最近の任意自動車保険は、保証内容がユーザーにありがたいカタチに変わってきています。

対人・対物・同乗者に対してはほぼほぼ無制限だったり、弁護士費用特約付きとか、ロードサービス無料対応などがセットされているものもあります。

そんな中でもワタシがマストだと思うのは...

車両保険

高級車には絶対に車両保険をプラスすべきです

あなたのクルマはあなた自身で守るしかありません。

ですから盗難もさることながら、単独事故や当て逃げなどでも修理保障がついている保険を選ぶべき。

でもそれだけではありません。

普通の事故だけでなく、台風で水害・洪水・冠水などの天災に巻き込まれて、万が一車にダメージがあったときに、守ってくれるモノがなかったらヤバいです。

ですからワタシ的には、高級車に車両保険は重要でありマストだと。

とはいえ車両保険をプラスすると自動車保険はめっちゃ高くなる

でもですね、車両保険をプラスすると、自動車保険はとたんに高くなるんですよね。

他にもレクサスのレクサスオーナー限定保険とか。

ワタシ的には「正直高すぎ!」だと思っています。

まあ「レクサスオーナー限定保険」はものすごい充実サービスです。

なので社有車として儲かっている会社の社長が、車両経費として保険代を処理するのならOKでしょう。

ですが、レクサスオーナー限定保険の月々4万円の車の任意保険代って、個人で入るには高すぎるでしょ...

とはいえ台風などの自然災害から車を守るのに、何らかの形で保障は絶対に必要なワケです。

そんな台風や水害・洪水・冠水などの天災に巻き込まれて車にダメージを負っても大丈夫な、自然災害から車を守るのに必要な保険の内容ってどんな保障を優先させたら良いのでしょう?

自然災害から高級車を守る一番マストな自動車保障の選び方

水害被害の出ている街
ワタシが最近一番不安に感じている、天災への備え

火災被害、台風被害、竜巻、洪水・高潮などの水災や雹(ひょう)や雪...

これらによるクルマへのダメージ、めっちゃ心配になりますよね。

ましてや最近は異常気象というか、今までには考えられなかった自然災害が頻繁に発生しています。

そんな自然災害から車を守るためには、やっぱり『予防』しかありません。

台風や水害・洪水・冠水などの天災に巻き込まれてしまったときは、自分でナントカしなきゃいけないんです。

そんな自然災害に巻き込まれたときでも、絶対的に安心なのが「車両保険」に加入しておくこと。

車両保険特約をつけておけば、上記のような台風や水害・洪水・冠水などの天災被害を全てカバーし修理代を保険でカバーできます。

車両保険特約付きの自動車保険を一番安くする方法

ですが、車両保険はクルマのグレードや型式によってそれぞれ変わります。

そして車両自体の評価価格も年々下がりますから、車両保険特約付きの任意自動車保険はその都度価格をチェックしないとダメなんです。

毎年金額が変わってきますから。

そこで私がいつも定期的に利用しているのは、

車両保険をセットにした内容で、複数の保険会社に見積もり依頼ができる無料比較サイトを利用する

という方法。

例えばこちらのようなサイトを利用して、台風や水害・洪水・冠水などの自然災害から車を守ってくれる車両保険付きの自動車保険最安値を調べています。

↓ ↓ ↓

車両保険付き自動車保険の相見積りを甘く見てはイケナイ!

毎回なんですが、本当に笑っちゃうくらい各社マチマチの金額が見積りされてきます。

例えばコチラは上の保険見積もり比較サイトを利用して集めた、私の車の自動車保険見積り内容ですが、

フォルクスワーゲン中古車の自動車保険見積もり_SBI損保の回答金額↑SBI損保の車両保険つき見積り回答金額
年額45,450円

 

フォルクスワーゲン中古車の自動車保険見積もり_ソニー損保の回答金額↑ソニー損保の車両保険つき見積り回答金額
年額149,870円

 
はあっ?なんで10万円以上違うの??って感じですよね。

同じクルマの保険見積りなのに「はぁ?」ってドン引きするぐらい年間の保険代がマジで全然違うという。

このように車両保険特約などの保証内容は同じでも、見積もりする会社によって年額で10万円近く差が出るんです、とっても不思議なんですが...。

ですから今のクルマの任意保険に、車両保険を加算したらいくらになるかの比較は定期的にしないとダメです。

自動車保険って、年に1回は必ず更新します。

ですから自動車保険の満期日に関わらず、自動車保険の無料比較サイトを利用して、あなたの自動車保険代が高いかどうかをチェックしておきましょう

自動車保険の無料比較サイトであらかじめ保険査定をしておくと、満期日が近づくとメールでお知らせが来ますから、契約切り替えを忘れることがなくて便利なんです。

私が試してみて一番安かった自動車保険は…

ちなみにココ数年、私が車両保険付きで自動車保険の無料比較サイトで見積りをして一番安いのは...

セゾン自動車火災保険の『大人の保険』です。

今までの保障内容と一緒なのに、契約を変えるだけで年額2万円近く安くなりました。

車両保険付きの見積り集めは今スグできますから、以下のような無料サイトであなたも一度試してみると良いです。

↓保険スクエアbang! 自動車保険一括比較↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です