【実例比較】車両保険が一番安いのは…水害・天災から愛車を守る方法


レクベン

ここ数年、台風や大雨による水害などの天災が、昔以上に大型で頻繁に発生するようになってきていますよね...

そんな台風や大雨による水害などの天災から愛車を100%守るのって、けっこう大変です。

車庫に入れておくから大丈夫...

と思っていると、走行中にヒョウやアラレに当たったりとか。

ドライブ中に大雨にあって、冠水に突っ込んじゃって水没しちゃったとか。

今まではちょっと考えられなかったような水害や天災が、いつ愛車に降り掛かってくるかわかりません。

そんな台風や大雨による水害などの天災で愛車が受けたダメージをカバーしてくれるのが「車両保険」です

とはいえ、車両保険は事故や災害に合わない限り使いませんから、できるだけ安いほうがイイと。

そこでここでは、台風や大雨による水害などの天災から愛車を守るべく、レクベンが行った車両保険実例比較で一番安かった件についてまとめました。

この記事はこんな方におすすめ!

  • 愛車の車両保険をかけるべきかどうか迷っている方
  • 今の自動車保険が高いと思っている方
  • 車両保険付きの自動車保険をおトクに契約したい方

車両保険でカバーできる水害・天災事例まとめ

suigai01
自動車保険の車両保険でカバーできる水害・天災事例は次のとおりです。

台風被害から車両保険でカバーできる事例

  1. 台風の影響で機械式駐車場ごと車が水没したとき
  2. 台風の影響で飛んできた飛来物が車に当たって損害を受けたとき

大雨やゲリラ豪雨被害から車両保険でカバーできる事例

  1. 車がガード下の冠水に突っ込んて水没被害を受けたとき
  2. 車が土砂災害に巻き込まれたとき

河川や湖の洪水被害被害から車両保険でカバーできる事例

  1. 河川が氾濫し車が水没被害にあったとき

竜巻や突風による被害から車両保険でカバーできる事例

  1. 竜巻・突風で車が飛ばされダメージを受けたとき
  2. 飛んできた屋根瓦など飛来物が車に当たってダメージを受けたとき
  3. 突風でドアが大きく開き、隣の車を傷つけしまったとき

ひょうやあられによる被害から車両保険でカバーできる事例

  1. ひょうやあられが当たって車のボンネットや屋根がへこんだとき
  2. ひょうやあられが当たって車の窓ガラスが割れたとき

雪や雪の重みよる被害から車両保険でカバーできる事例

  1. 積もった雪の重みで車の屋根やボンネットがへこんだとき
  2. 雪で潰れたカーポートの下敷きになったとき
  3. 雪崩に巻き込まれたとき

なおこのような天災による損害で車両保険を使った場合は、翌年は1等級ダウンし、事故あり係数適用期間が1年加算されます。

ですがそれでも車を自己負担で修理する費用に比べれば、車両保険でカバーしてもらえる恩恵は大きいと思います。

車両保険でカバーできない天災もある

とはいえ、一般車両保険でカバーできない天災もあります。

  • 地震による被害
  • 津波による被害
  • 噴火による被害

これらの天災の場合は、一度に極めて巨大な損害を発生させる可能性があり、適切な保険料の設定が困難であることから多くの保険会社では保証していません。

つまり地震災害で落ちてきた瓦がお車に当たった場合などは、地震によって直接生じた愛車の損害や相手方への賠償は、一般型自動車保険では補償されないということ。

なのでこれらの保証までカバーしたい場合は、特約(「地震・噴火・津波危険車両全損時一時金」、「地震・噴火・津波車両特約」など)を付帯させないとダメなのです。

レクベン

東日本大震災みたいな津波だと、特約をつけないとダメということですね...

とはいえ車両保険をプラスすると自動車保険はめっちゃ高くなる

水害被害の出ている街

でもですね、車両保険をプラスすると、自動車保険はとたんに高くなるんです。

とはいえ少なくとも「台風」や「水害」「洪水」「冠水」「ひょう」「あられ」などの自然災害から車を守りたいのなら、何らかの形で保証は絶対に必要。

ましてや最近は異常気象というか、今までには考えられなかった自然災害が頻繁に発生しています。

そんな自然災害に巻き込まれたときでも、ひとまず安心なのが

  • 一番安い車両保険特約付きの自動車保険に加入しておくこと

車両保険特約をつけておけば、上記のような台風や水害・洪水・冠水などの天災被害を全てカバーし修理代を保険でカバーできます。

車両保険特約付きの自動車保険が一番安くのはドコ?

車両保険特約付きの自動車保険は、あなたの車のグレードや型式によってそれぞれ変わります。

そして車両自体の評価価格も年々下がりますから、車両保険特約付きの任意自動車保険はその都度価格をチェックしないと、毎年金額が変わってきますからダメなんです。

そこでレクベンは毎年、

  • 車両保険特約付きで、複数の保険会社に見積もり依頼ができる無料比較サイトを利用する

という方法を取っています。

こちらのようなサイトを毎年利用して、台風や水害・洪水・冠水などの自然災害から車を守ってくれる車両保険付きの自動車保険の最安値を調べています。

保険スクエアbang!

 

自動車保険一括見積もり/インズウェブ

【実例比較】車両保険付き自動車保険の相見積りを甘く見てはイケナイ!

レクベンの場合は毎年行ってますけど、本当に笑っちゃうくらい各社マチマチの金額が見積りされてきます。

例えばコチラは、ティグアンの自動車保険見積り内容ですが、

フォルクスワーゲン中古車の自動車保険見積もり_SBI損保の回答金額↑SBI損保の車両保険つき見積り回答金額
年額45,450円

 

フォルクスワーゲン中古車の自動車保険見積もり_ソニー損保の回答金額↑ソニー損保の車両保険つき見積り回答金額
年額149,870円

 
はあっ?なんで10万円以上違うの??って感じですよね。

同じクルマの自動車保険見積りなのに「はぁ?」ってドン引きするぐらい年間の保険代がマジで全然違うという。

このように車両保険特約などの保証内容は同じでも、見積もりする会社によって年額で10万円近く差が出るんです、とっても不思議なんですが...

ですから今のクルマの任意保険に、車両保険を加算したらいくらになるかの比較は定期的にしないとダメです。

自動車保険って、年に1回は必ず更新します。

なので自動車保険の満期日前に、自動車保険の無料比較サイトを利用して、あなたの自動車保険代が高いかどうかをチェックしておきましょう

レクベン

自動車保険の無料比較サイトであらかじめ保険査定をしておくと、満期日が近づくとメールでお知らせが来ますから、契約切り替えを忘れることがなくて便利です

私が試してみて一番安かった自動車保険は…

ちなみにココ数年、レクベンが車両保険付きで自動車保険の無料比較サイトで見積りをして一番安いのは...

セゾン自動車火災保険の『大人の保険』です。

今までの保障内容と一緒なのに、契約先を変えただけで年額2万円近く安くなりました。

車両保険付きの見積り集めは今スグできますから、以下のような無料サイトであなたも一度試してみると良いですよ。

保険スクエアbang!

 

自動車保険一括見積もり/インズウェブ
自動車保険のシュミレーションは一括見積もりサービスが早くて便利な理由  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です