• <スポンサードリンク>


レクサスRC300hとRC350のエンジン性能

RC350&RCF

レクサスのクーペモデル

レクサスのクーペモデルは、2001-2010まで発売されたレクサスSC以来ありませんでした。

レクサスSC

レクサスSC

そして2013年の東京モーターショーでRCがワールドプレミアされ、2014年10月23日に国内正式発売されました。

レクサスRCのエンジン性能

レクサスRCには

  • ガソリンエンジン仕様 RC350
  • ハイブリッド仕様 RC300h

の2種類のエンジン仕様があります。

ガソリン仕様のRC350は、3.5リッターV6DOHCエンジン2GR-FS Eが採用されました。

どんな路面状況においても力強く軽やかに加速するそのパワーは234馬力。

直噴エンジンなので、燃費も悪く無いです。2人乗車で2トンの重さになり重量はある中で、JCO8モードで9.8㎞/Lは優秀でしょう。

またハイブリッド仕様RC300hは、ISと同じ2.5リッター直4の2AR-FSEエンジン+モーターです。その燃費は驚愕の23.2㎞/L。

今の時代スーパーカーでさえ燃費を気にしなければいけないので、世界的に見てもこのスペックで23キロの燃費はスゴイと思います。

レクサスRC Fのエンジン性能

そして語らなければいけないRC Fシリーズ。

このFの文字は、トヨタのモータースポーツ魂を込めたブランドのシルシでもあります。

エンジンは5.0リッターV型8気筒2UR-GSE型エンジン。

直噴機構D-4Sに加え、吸排気バルブのタイミングを制御するVVT-iEの最適化で、IS Fの最終型を47PSも上回る最高出力477馬力のモンスターエンジンを積んでいるのです。

  • スポンサードリンク

    <スポンサードリンク>