車買うなら増税前?増税後?消費税10%増税で損する人、得する人


2019年10月1日に予定されている消費税10%への引き上げに関して、自動車にかかる税金の内容がほぼ見えてきました。

基本的には消費税増税が景気に及ぼす影響を抑えるべく、高額商品である自動車は駆け込み需要とその反動減を抑える対策として「減税」をすることになります。

ですが結論から言うと、消費税10%対策による減税策で車の購入代金が安くなるワケではありません。

ここではそんな消費税10%増税前と増税後の自動車は、どちらがお得になるかを検証してみました。

この記事はこんな方におすすめ!

  • 車の新車購入を消費税10%増税前にと考えている方
  • 自動車の購入は消費税10%増税前と増税後ではどのように違うのかを知りたい方
  • 新車を消費税増税に合わせてお得に損をしない方法で購入したい方

2019年10月1日の消費税10%で自動車の税金はコウなる

2019年10月1日の消費税10%で、自動車にかかる税金は次のようになります。

おおきく分類すると「購入時」「保有」「利用」の3シーンに別れ、具体的には

  • 消費税率が10%になる2019年10月以降に購入した車は、所有者が毎年払う税金が減る

ことにはなりますが、消費税8%の今よりもお得かというと決してそんなことはありません。

【1.購入】消費税10%増税後の自動車取得税

消費税増税後の1年間(だけ)は特別措置として軽くなります。

      【現 行】 自動車取得税(価格の3%)
      【増税後】 環境性能に応じて0~3%

ただし2020年9月30日までの1年間は税率1%軽減。

ですから20年度の燃費基準を10%以上上回っている車は非課税になります。

また、日産スカイライン、ホンダヴェゼル、トヨタパッソは1年間限定で非課税となりますので、購入を狙っている車種については事前にディーラーで確認しておくのが良いでしょう。

【2.保有】消費税10%増税後の自動車税

次のように自動車税が引き下げとなります。(恒久減税)

排気量による自動車税の減税額
  1. 軽自動車          10,800⇒据え置き
  2. 1000cc以下       29,500⇒25,000円(▲4,500円)
  3. 1000cc超1500cc以下 34,500⇒30,500円(▲4,000円)
  4. 1500cc超2000cc以下 39,500⇒36,000円(▲3,500円)

ですが2年に1度の自動車重量税(0.5トン当たり4,100円)はエコカー減税を縮小し、環境性能がよろしくない車の減税幅は今より小さくなります。

  1. 20年度の燃費基準達成度合いに応じて25~75%減税か免税(電気自動車、プラグインハイブリッド、)
  2. 20年度の燃費基準を40%以上上回るガソリン車が免税対象

ですがそれ以外の車は減税幅が小さくなるので、結果としては高くなります。

要はエコカー並みの性能じゃないと減税対象とはならないということです
 

【3.利用】消費税10%増税後のガソリン税など

ガソリン税などは今のところ特に発表されていません。

コチラに関しては消費税10%増税1年間の優遇措置が終了した2020年10月に向けて、新たに整備されるようです。

車買うなら増税前?増税後?消費税10%増税で損する人、得する人

以上の政府発表を見ますと、消費税増税後のほうが車はお買い得ということは一切ありません

消費税増税で車の購入代金は総額で2%上がります。

そのぶん2019年の1年間だけは自動車取得税を1%下げると。

つまり2019年10月から2020年9月末までは自動車取得税が1%安いので、実質消費税でアップする分は1%だと。

しかも自動車税が安くなるので、消費税10%増税後も今とさほど変わりませんよーという趣旨です。

また忘れてはいけないのが、現在の制度では自動車取得税に対してエコカー減税が適用されています。

この基準は消費税10%増税後はより厳しい基準となりますから、そのことを考慮すると、ほとんどの場合、現在よりも多くの税金を払うことになります。

つまり消費税10%増税後の税負担額は、現在とあまり変わらず、車種によっては現在よりも大きくなります

ですから新車を買い換えるのなら、まずは消費税10%増税前がお得であることは間違いありません。

そして消費税10%増税前であっても、損をする時期とお得な買い時期というのがあるということです。

消費税10%増税前の車の購入・買い替え時期でベストなのはココ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です