消費税10%増税時に自動車税はどう減税される?可能性を調べてみた


10月15日に安倍首相が臨時閣議で「2019年10月に消費税率を10%へ引き上げる」と明言しました。

これで2019年10月1日に消費税が現行の8%から10%になることは、ほぼ既成事実化。

ですがこの安倍首相の発言を機に、自動車メーカーでつくる日本自動車工業会(自工会)は、消費税増税時に車の買い控え等の影響が出ないよう、自動車にかかる大幅な減税要望を政府に要望しました。

この要望を受け、政府は自動車税を減税するのかしないのか...

車の買い替えを消費税10%増税前にしようか、それとも増税後にしようか?と悩んでいる人にとっては、一日も早く決定事項を知りたいところです。

そこでここでは、「消費税10%増税時に、自動車税はどのように減税されるのか?」の可能性についてまとめてみました。

レクベン

少しでも税収を増やしたい政府と、自動車の買い控えを危惧する日本自動車工業会。
いずれにせよ、買い手側の私達はお金を多く払うことに変わりはなさそうな気がしますが...

この記事はこんな方におすすめ!

  • 消費税10%増税時に自動車税はどのくらい安くなるのかを知りたい方
  • 消費税10%増税で自動車購入時に減税措置が実施されるのかを知りたい方
  • 消費税10%で自動車税は本当に安くなるのか?を知りたい方

消費税10%増税発言で日本自動車工業会が政府に要請した内容

安倍首相の消費税10%増税発言があったのは、2018年10月15日。

そして日本自動車工業会が自動車にかかる大幅な減税要望を政府に要望したのは、同10月20日とかなり早めです。

つまり日本自動車工業会は、消費税10%増税が施行されると

  • 前回の消費税8%になった時と同じように、車の買い控えが起こる

と予想しているのでしょう。

消費税10%で車は?過去の増税事例から車の買い替え時期を推測する

ですから日本自動車工業会は、次のような3つの要望を政府にしています。

タイトル
  1. 車の購入時にかかる税金を減らす
  2. 車を持っているだけで毎年かかる自動車税を最大で軽自動車税並みに引き下げ
  3. 購入時と車検時にかかる自動車重量税の軽減

そして政府もこのような日本自動車工業会の要請を受け、経済産業省と総務省,財務省は自動車を買う時にかかる税金をゼロにする検討を始めたとされています。

ですが、あくまで「検討を始めた」だけで今のところは何も決まっていません。

自動車購入時にかかる税金を政府はどうする?

現在政府で検討されている消費税10%増税時の自動車税減税案は、

現状の自動車税減税案
増税時に新たに導入する予定だった「燃費課税」を1年半ほど停止する

消費税率を2019年10月に10%に引き上げた後の自動車需要落ち込みを防ぐべく、車購入初年度にかかる自動車税を排気量の小さい車を中心に1~2年ほど免除するという内容です。

ですから、いわゆる「高級車」はハナっから自動車税減税案の対象外だということ。

しかも「排気量の小さい車」ですから、普通に考えると「軽自動車」と「1300cc以下の車」しか恩恵に預かることができない可能性大。

つまりあなたが買い換えようとしている車が、排気量の大きい車であれば消費税10%増税時の自動車税減税案は受けられません。

レクベン

しかも『燃費課税の停止は1年半ほど』というのですから、消費税10%増税後の1年半後になる2021年3月にはまた増税になると...

今の自動車にかかっている税金とは?

自動車には車体や燃料にかかる消費税に加え、取得・保有・走行の各段階で税金がかかるようになっています。

1.自動車取得時にかかる税金

・自動車所得税 ・・・ 自動車購入時に所得価格の3%(軽自動車は2%)

2.自動車保有にかかる税金

・自動車重量税 ・・・ 購入時と車検時に車の重量に応じて課税、自家用の乗用車は重さ0.5トンにつき年4100円(軽自動車は車両重量に関わらず年3,300円)

・自動車税 ・・・ 毎年、排気量の応じて総排気量1リットル以下で29,500円、1リットル超からは0.5リットル刻みで最高111000円

※軽自動車のみ軽自動車税 ・・・ 毎年10800円

3.自動車の走行にかかる税金

走行では自動車の燃料に課税されています。

・ガソリン車 ・・・ 揮発油税、地方揮発油税
・ディーゼル車 ・・・ 経由取引税
・LPG車(タクシー等) ・・・ 石油ガス税

現状はこのような税金が、自動車を購入・保有するだけでかかる仕組みです。

自動車購入時にかかる税金の政府案はコウだった

今までの予定では自動車所得税が消費税10%増税時に廃止となり、「環境性能割:燃費課税」に改変される予定でした。

・自動車環境性能割:燃費課税 ・・・ 自動車購入時に燃費に応じて取得価格の0~3%(軽自動車は0~2%)

この「環境性能割:燃費課税」は、

  • 燃費の良い車は購入時の所得税を少しだけ安くしますよー

という内容でしたが、政府検討案はこの「環境性能割:燃費課税」を消費税10%増税と同時に導入するのを見送りするというだけ。

いわゆる今まで実施していた「グリーン減税」廃止後の代替え案だった「環境性能割:燃費課税」を、しばらくは導入しませんということです。

そして自動車の保有にかかる税金や走行にかかる税金の見直しについては、今のところ一切言及されていません。

現在実施されているエコカー減税は消費税10%でどうなる?

現在実施されているエコカー減税は、国土交通省が定める「排ガス基準」と「燃費基準」の達成状況で決まります。

ですから車種のエコカー性能によってかかる税金は変わってきますので、あなたの欲しい車ごとにチェックする必要はありますが、

  1. 自動車取得税はエコカー性能評価に合わせて20%~100%
  2. 自動車重量税もまたエコカー性能評価に合わせて25%~100%

の範囲で減免されます。

また「グリーン化特例」というのもあり、適合すると自動車税が50~75%減税されます。

ですが「エコカー減税」と「グリーン化特例」は、2019年3月31日をもって廃止される予定です。

こちらの適用は「新車登録が完了していること」が条件ですから、2019年3月31日までに登録完了していないと適用とはなりません。(重量税は4月30日まで)

レクベン

ですからレクベン的には減税でもなんでもなく、税金の名前が変更になるだけのような気がします…

消費税10%増税時に自動車税はどう減税される?可能性を調べてみたまとめ

消費税10%増税は、国の税収アップを目的としています。

ですから国は少しでも多くの税収を確保したい。

とはいえ前回の消費税増税と同じように消費が大幅に落ち込むと、税収も落ち込むので困る。

では政府はどうするか?

消費税10%増税の政府思惑
環境に良い車と軽自動車のみ優遇、あとは無視

なんじゃないかと...

要は消費税10%増税による自動車税減税の恩恵は、ハイブリッド車などのエコカーと軽自動車のみにしようと。

そして値段の高い高級車は大きな減税とはならず、シッカリ課税しておこうと。

高いお金を払っても高級車を買いたい人は、消費税10%になろうと購入する層だから減税しなくても大丈夫でしょ、だからお金持ちは税収落ち込みに貢献してね!

という思惑だとすると、自ずと車の買い替え時期でベストなのは「消費税10%増税前」であり、更には

  • 「エコカー減税」と「グリーン化特例」のある2019年3月31日までに購入完了すること

ということになりますよね、現時点では。

この記事のまとめ
  1. 消費税10%増税時に自動車税が減税となるのはエコカーと排気量の小さい車と軽自動車のみ
  2. 値段の高い高級車は大きな減税とはならず、シッカリ課税される
  3. 車の買い替え時期でベストなのは「消費税10%増税前」の「エコカー減税廃止前の2019年3月31日まで」になる
消費税10%増税前の車の購入・買い替え時期でベストなのはココ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です