消費税10%で車は?過去の増税事例から車の買い替え時期を推測する


いよいよ消費税10%が現実味を帯びてきましたね。

安倍首相は2018年10月15日に臨時閣議で、消費増税を

「法律に定められた通り、2019年10月1日に8%から10%へ引き上げる」

と表明しました。

またこの安倍首相の声明を受け、レクベンの消費税10%増税に関する記事も、10/15からアクセス急上昇しています。

消費税10%増税前の車の購入・買い替え時期でベストなのはココ!

レクベン

いつもありがとうございます!

安倍首相の声明はちょうど消費税10%増税の1年前になりますから、政府の準備期間を考えても充分で、遂に「消費税10%は確定」と考えるべきでしょう。

となると車の販売価格は、2019年10月1日を境に2%アップします。

同じ車であっても、2019年9月30日と10月1日で価格が違ってなおかつ高くなるのですから、なんだか損をした気持ちになりますよね。

そこでここでは前回の消費税増税、2014年4月1日に消費税が5%から8%に「3%増税となったときの車の販売事例」から、今回の消費税10%増税で車市場はどうなるかを推測してみます。

この記事はこんな方におすすめ!

  • 消費税が10%になる前に車を買い替えたほうが良いかを考えている方
  • 2019年10月の消費税10%増税と愛車の車検更新時期が重なっている方
  • 消費税10%増税前に車をそろそろ買い換えようかと考えていた方

消費税10%で車の需要はどうなる?

安倍首相は前出の消費税10%引き上げ表明の際、同時に次のような趣旨の経済政策を関係閣僚に指示しています。

安倍首相声明
  • 消費税10%増税の影響による駆け込み需要と反動減を抑えるため「あらゆる政策を総動員し、経済に影響を及ばさないよう全力で対応する」こと

コレは、前回の2014年に消費税を5%から8%へと引き上げたときに、車だけでなく様々な分野で「駆け込み需要」が発生し、そしてその反動で消費が大きく落ち込んだことが原因です。

ですから安倍首相は

「消費税を10%に引き上げ前後の消費を平準化するための十分な支援策を講じる」

としたのです。

このことからも2019年10月の消費税10%増税で、車や家ような高額耐久財は「駆け込み需要」と「反動減」が起こることを暗に示しています。

2014年の消費税増税時は車の駆け込み需要が大発生!

前回の消費税増税2014年4月1日の「5%から8%へ」の3%増税時には、車の買い替え時期についても特徴が3つありました。

  1. 消費税増税直前は、絶対的に車が品薄になる
  2. 人気車種は真っ先に在庫がなくなる
  3. 低燃費ハイブリット車から納期待ちが続出する

特に発売直後の人気車種は、消費税増税前になると「4ヶ月以上の納期」が当たり前でした。(ホンダFITハイブリッドとか)

そして車ディーラーの経営者などは

値引きをしなくても車が売れるのは初めてだ!

とウラで言っていたそう。

つまり消費税増税前の駆け込み需要期には、車は値引きしなくても売れるので「値引きしてくれない」状態になるということ

この動きは、おそらく2019年10月1日の消費税10%増税でも繰り返すでしょう。

2019年の消費税10%で車の税優遇は?

前回の消費税増税時にも政府による景気対策は打ち出されました。

それが「エコカー減税の延長」。

ですがそれでも2014年4月は、車の駆け込み需要が大発生しました。

ということは、今回の消費税10%でも車の税優遇は実施されるでしょうが、それにはお構いなく駆け込み需要は必ず発生する可能性が高いということ。

消費税が10%になる前に「大きな車税優遇措置」でも決まらない限り、車の「駆け込み需要」と「反動減」は十分に起こりえます。

レクベン

いつの世も、消費者側の人間心理は政策どおりには動かないものですからね・・・

消費税10%の「駆け込み需要」と「反動減」で車はどうなる?

2019年10月直前は「駆け込み需要」で値引きをしなくても車が売れるということは、車の在庫がなくなるということですから...

車の駆け込み需要前に起こること
  1. 中古車の在庫がほしいので、中古車の下取り価格は高くなる
  2. 新車・中古車に限らず、車の販売価格は高止まりする
  3. 車ディーラーは大忙しとなり、商談もままならなくなる

前回の消費税増税時の事例からも、上記の3点はほぼ間違いなく「歴史は繰り返される」と考えたほうが良いです。

ということは、

  • 2019年の車検前に車の買い替えを考えていた人は、下取りする車が高く売れるので絶好のタイミング

が訪れるということになります。

逆に消費税10%増税後の車は「反動減」になるので、下取り車も安く買い叩かれる可能性大ということですよね。

この記事のまとめ
  1. 消費税10%になると車の「駆け込み需要」と「反動減」はかなり高い確率で起こる
  2. 消費税10%の車「駆け込み需要」前に中古車を仕入れたい業者が増え、中古車下取りは高値がつきやすい
  3. 消費税10%と車検更新が重なるのなら、中古車下取りが高くなる消費税10%増税前に買い替えもアリ

レクベン

いま狙っている車があるのなら、消費税10%前に車の買い替えをしても良いタイミングですよ
消費税10%増税前の車の購入・買い替え時期でベストなのはココ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です