レクサスRC300hの評価【動画】

モータージャーナリスト島下泰久さんのレクサスRC300h試乗インプレッション車両紹介編です。

何故今クーペなのか?

島下泰久です。今回紹介するのは2014年10月に発売されたレクサスRC300h F SPORTです。

レクサスには以前リトラフタグループを持つレクサスIS CですとかSCといったクーペタイプがあったわけですが、このタイミングでRCのような2ドアクーペを出してきたのは何故なんでしょうか?

まず1つ考えられるのは『やはりフプレミアムブランドにはクーペが必要』という考えがあるのだと思います。ライバルで言うとメルセデスベンツのEクラスクーペ、BMWの4シリーズクーペ、アウディA5、こういったところの欧州プレミアムブランドは大抵これくらいのサイズのクーペを持っています。

やっぱりレクサスとしても全世界に胸をはってプレミアムブランドだと主張するためにはクーペは必要だったのだと思います。

 

【スポンサードリンク】

デザインフォルム

そしてもう一つ、スピンドルグリルを採用したGS以来、レクサスのモデルはどれも劇的な進化を遂げていますよね?特にデザインそして走りの面において、それを表現する上ではセダンやSUVもイイでしょうけどやっぱり象徴的なモデルとしたクーペが必要だと、そういうことも背景に合ったんじゃないかなと思います。

クーペとなればカッコが悪いわけにはいきませんし、走りが悪いわけにもいきませんよね。

そこで今までレクサスがやってきたことの集大成、もしくは決定打となるようなカッコ良くて走りのイイクーペを出しておく必要があった、そういうのが今のレクサスには必要だったという背景もあるんじゃないかと思います。

ラインナップには今回紹介するRC300h、2.5リッターのガソリンエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドのモデル、そしてV型6気筒3.5リッターエンジンを積んだRC350、この2種類が用意されています。

では早速詳細を見ていくことにしたいと思います。

まず目を奪うのはやっぱりこのデザインですよね。ますます大胆になったスピンドルグリル、ライトまわりとかのディティールにも見所あるんですが、やっぱりRCはこのフォルム全体が見所と言ってもいいんじゃないかと思います。

全幅を1840mmまで増やしたワイドなスタンス、走る姿を力強くよく見せるキチッと背骨が通ったようなライン、もういかにも走るぞと、エレガントだけじゃなくて走るぞというところを全身でアピールしているプロポーション。

レクサスとしては非常に肉食系のクーペに仕上がっている、そういうデザインじゃないかなと思います。

パワートレイン

レクサスではおなじみの2.5リッター直列4気筒エンジンと電気モーターを組み合わせたハイブリッドエンジンが搭載されています。システムの最高出力は220馬力、燃費はJC08モードで23.2キロとなっています。

欧州のライバルにはハイブリッドのクーペがありませんから、これは大きな武器になるんじゃないかと思いますね。

インテリア

最近のレクサスの文法に従ったデザインですね、クオリティも高いですしなかなかデザイン性もあって悪くナイんじゃないかと思います。そしてドライビングポジションもセダン系でもちゃんとステアリングが立っていて、自分の正面にあって着座位置も低くって、最近のレクサスすべてに共通するスポーティな運転をするぞという気持ちにさせるようにちゃんとできていますよね。

これはとても大事なこと、ましてやクーペだからとても大事なことだと思います。

装備品としてはリモートタッチですとか、ドライブモードセレクトですとか、こちらもおなじみのモノがついています。まあ欲を言えば、ナビ画面がもうチョット大きな画面が入りそうだなというのはあるんですが、タッチパットで操作できるなど最新のモードは基本的に揃っているかなという感じですね。

この車はF SPORTSですので、LFA以来使っている可動式のメーターですとか、特殊なステッチの入ったF SPORTSタイプのシートがついています。確かにこのステッチ、とても凝っていて見ているだけで面白いという興味深いものがありますね。

リアシート

見てのとおり天井はもうつっかえちゃいますね。でも足元はシートバックを薄めにしてあるということでヒザの周りも空間ありますし、つま先がフロントシートの下に入るのでまあなんとか大丈夫と。

普段はかばんを置く所、まあ緊急の場合なら短い距離ならば乗れるよというそういうリアシートかなというふうに思います。

ラゲッジスペース

開口部も広いですし、容量的にも大型のスーツケースを入れても余裕があるくらいに本当にたっぷりとしていますね。

ハイブリッドなんですが、ハイブリッドバッテリーをISの場合と同じように全て床下に収めている、これがこの広さにつながっているのと、リアシートの分割機構もありますので更に大きい物を積みたいときにも余裕だということですね。

レクサス渾身のクーペ、いったいどんな走りを見せるんでしょうね、早速出して確かめてみたいと思います。(走行篇へ続く)

LEXUSotoku0824

 

【スポンサードリンク】

 
【スポンサードリンク】

“レクサスRC300hの評価【動画】” への1件のコメント

  1. Rena より:

    This forum needed shnikag up and you’ve just done that. Great post!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です