ベンツGLAの評価|新型GLAとレクサスNXの違いは?

ベンツGLAボディライン

ベンツで今イチバン気になるクルマ

メルセデス・ベンツの中で今イチバン気になるクルマ、それがベンツGLA

2014年7月に発売されたレクサスNXに対抗するかのように、同5月29日に日本市場に先行投入されたベンツGLA。

発売当初はモデルもGLA250 4MATICとGLA250 4MATIC Sportsの2種類だけで、その他のGLA180やAMGは秋以降の投入だったたが、現在はようやくフルラインアップとなりました。

 

【スポンサードリンク】

そんなメルセデス・ベンツGLAクラスの販売ラインナップは全7種。

icon-arrow1-g GLA180が3グレード(ノーマル、Sports、Off-Road)

icon-arrow1-g GLA250が同じく3グレード(4MATIC、4MATIC Sports、4MATIC Off-Road)

icon-arrow1-g GLA45AMG 4MATIC

となっていて、AMGは別格だけど180と250が今回の日本市場や世界的にも爆発的に売れているコンパクトSUV市場へのアプローチという位置づけですね。

ましてや日本ではレクサスNXと完全に市場競合しつつも、価格的にはレクサスNXよりややリーズナブルな設定となっているのがイイっすよね。


ベンツGLAの評価

ベンツGLAは現行のベンツ3代目AクラスをベースにSUV車仕立てにしたもの。SUVらしいタフネスさを感じさせつつ、スポーティな外観を兼ね備えています。

とはいえAクラスがベースなので、SUV車の中では車高が1505㍉と低いほう。前席の頭上スペースも広さ感に欠けていて、後席の足元も背もたれとヒザの間に手のひらが入るほどのスペースしかなく、サイドウインドーも小さいため開放感も今ひとつで座高もそれほど高くないです。

でもこの低全高・低重心が逆に走りの良さに繋がっているというスポーティさを醸し出しているというから不思議なクルマ。従来の立体駐車場にも入れることができ、フロアやシートの低さが逆に乗りやすく感じるというのだから、これはもうGLAの魅力の一つであり街乗りに最適な若い世代向けのコンパクトSUVに仕上がっています。


ベンツGLAの内装・エンジン・安全

ベンツGLA内装

GLAの内装はAクラスとほぼ同様の仕上がりで、車高が低いせいか一見ハッチバックのような印象さえ受けます。大きく立体的な2層デザインが特徴でダッシュボードや細かいところのディティールにこだわりを感じるデザイン。シンプルでありながらもベンツらしい曲線を活かしたイメージになってます。

180の全幅は1805㍉でレクサスNXの1845㍉よりも40㍉コンパクト。全長は4430㍉でレクサスNXの4630㍉よりも200㍉短い。でも不思議なことに最小回転半径はベンツGLAが5.7mに対してレクサスNXは5.3mと大きいのに小回りが効く。これはひとつの判断材料になりそう。

エンジン性能は1第3世代の直噴システムBlueDIRECTテクノロジー。180に搭載されている1600ccエンジンと250に搭載されている2000ccエンジンの2つで、更に250は4MATICという可変トルク配分型四輪駆動式になっています。

安全性は

icon-point2-1-g 全車標準仕様の緊急ブレーキ機能CPAプラス ~ 自動緊急ブレーキで追突や衝突を回避する装置

icon-point2-2-g ディストロニックプラス ~ 最適な車間距離を自動でキープする機能

icon-point2-3-g ブラインドスポットアシスト ~ ナナメ後方にいるクルマの存在を知らせる機能

icon-point2-4-g レーンキーピングアシスト ~ 車線逸脱を警告する機能

などをオプションで搭載することができる。これもレクサスNXに引けをとらない安全性です。今どきのクルマって本当に安全性が向上しているので、買い替えたほうが事故リスクは軽減できるにちがいないです。


▼この記事のレクサスNX対抗記事はこちら▼
⇒ レクサスNXの評判|コンパクトSUVの魅力満載NX  

benzotoku0824


 

【スポンサードリンク】

 
【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です